スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

葡萄酒か、さもなくば 銃弾を

 2008-09-06
NHKワシントン支局長だった、手嶋 龍一氏の著書を読んでいるが、無断ながら
一部、転載しておきます。近いうちに国政選挙も行われるはずだから、参考までに。

いかに民主制の衣をまとっていても、多くの国々ではいまなお、死の覚悟なき者が
政に関わることを許さない。政治を志すとは、謀殺の危険と常に背中合わせに暮らす
ことなのである。だが、そんな現実感覚を私たちはいつの頃からか摩滅させてしまった。
明治維新や昭和軍閥の時代を振り返るまでもない。戦後もなお政治はテロルと共に
あった。だが今日の日本では、政治指導者はもはや狙撃の標的にすらならない。
それほどに、この国の政治は弛緩し、緊迫感を喪失してしまっている。民主国家にあっては
「政治のなかの死」などあってはならないと主張するひとも、暗殺の予感がつよい政治家を
育んできた事実は否定しまい。

そうね。今の日本の政治家には、どうでもいいようなのが多すぎて、自分の人生をかけて
殺そうなんて思わないわよね。
一人くらい、そう思わせてくれるような政治家を期待します。

ついでに、著書を(と、いうより、自分で読んだ)紹介します。
・外交敗戦
・ウルトラ・ダラー
・ライオンと蜘蛛の巣
スポンサーサイト
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/09/06 23:49】 | # | [edit]
おはようございます。

昨夜は、焼酎をいただいたので、グビグビやってパタンと寝てしまいました。

『ゆる~い』世の中って、先が心配です。

いつまで生きるか分らないけど、最後までシャキッと

生きていきたいと思います。
【2008/09/07 06:52】 | ai #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://peptide.blog81.fc2.com/tb.php/895-3cd89421
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。